TEL:072-338-6545

新鮮ネタが自慢です!!100円のお寿司から、大トロ、とらふぐなどのこだわりネタ、創作寿司までバラエティに富んだお寿司はもちろん、全40種類以上のアルコールドリンクや充実のサイドメニューまで、大満足頂けること間違いナシです!!

お寿司屋に関する専門用語 | 回転寿司くろしお

お寿司屋に関する専門用語

日本人のみだけではなく、世界中の人に人気の高いお寿司。そんなお寿司屋さんには独特な専門用語や言葉があります。お店によって異なる場合もありますが、基本的な用語をいくつかご紹介します。

知っていると面白い、お寿司屋さんの基本専門用語

ネタ
■ネタ:材料のこと
「寿司タネ」からきている言葉で、タネを逆さから読んでネタというようになりました。
■シャリ:お寿司のご飯のこと
お釈迦様の骨は白く仏舎利と言うことから由来しています。また、シャリの呼び名は土地によって異なる場合もあります。
■むらさき:お醤油のこと
昔、醤油はむらさき色をしていたことからついた言葉です。
■ガリ:しょうがのこと
お口直しのしょうがを噛んだ時のガリガリとした音から由来しています。また、ガリには殺菌の役割もありますので、セットで召し上がることをおすすめです。
■なみだ:わさびのこと
わさびを食べると涙が出るということからきています。

お客様側が使うと不自然な専門用語

あがり
■おあいそ:お会計のこと
現在では居酒屋などでも多くの人が使用していますが、本来は職人さんがお客様に使用する言葉です。職人さんが勘定を求める際「愛想がなくてすみません…」というへりくだった気持ちを表現しています。
■あがり:お茶のこと
本来、店内の職人や店主が使用する言葉です。江戸時代の遊郭では、店側がお茶を出す時に「お出花」や「上がり花」というような言葉を使用していました。また、「うちにあがっていかない?」=「お茶していかない?」と言うような意味合い、お茶を引くというような言葉があると同時に、華やかさを考えた言い方の一つとしても使用していました。

寿司の専門用語を知ることで、回転寿司の話のネタとしてご家族や友人と楽しんでいただけたらと思います。回転寿司の本場大阪で新鮮なネタを食べることができる回転寿司をお探しの方は、当店をご利用ください。当店では安いお値段で美味しい回転寿司を提供しています。ご来店お待ちしております。

お問合せ

メール